- 施術コラム一覧 - 【こむら返り】運動後、就寝中に足がつって辛い・・

【こむら返り】運動後、就寝中に足がつって辛い・・

2019.06.07
カテゴリ: こむら返り

こんにちは。東大阪市小阪にある『にしはら鍼灸院・整骨院 八戸ノ里駅前院』です。今回は【こむら返り】について投稿していきます。運動をした後や寝ている時に急にふくらはぎがつってしまうととても辛いものです。【こむら返り】の原因・セルフケア・予防法などについて説明していきますので、ご参考下さい。

 

【こむら返りのメカニズム】

こむら返りとは、突然ふらはぎの筋肉などが痙攣

し硬直する症状で非常に強い痛みを伴います。

そのメカニズムは、大脳から送られた信号がなん

らかの異常で一部の筋肉だけに伝達され、特定

の筋肉が過剰に収縮し続ける状態です。

特にスポーツで多量に汗をかいたり、筋肉を酷

使した時に生じやすくなりますが、家事や就寝

時など日常生活で起こる例もしばしばあります。

原因としては、筋肉の疲労、血行不良、カルシ

ウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウム・ビ

タミン類の不足があげられます。

 

【こむら返りセルフケア】

こむら返りが起こったら、痙攣している筋肉を

無理なく伸ばすことが大切です。

ただし、極端なストレッチや強いマッサージを

し過ぎると肉離れを招くことがあります。自身で

ケアをする場合は、力の入れすぎに十分注意

して、痛くない程度に行って下さい。

 

[ふくらはぎの筋肉のこむら返りの応急処置法]

① こむら返りが起こっている足の指を手で掴み

足の裏を反らせるイメージで手前にゆっくりと

引っ張る。

➁ 痙攣が治まったら、足首から膝へ向かって

両手でやさしくなで上げるようにマッサージをす

る。

③ 硬直した筋肉をほぐすように膝の裏を軽く

もみ、足首をゆっくり回す。

④ 症状が落ち着いたら、お湯や毛布、衣服

などで足を温め血行を促しましょう。

 

【こむら返り予防のアドバイス】

こむら返りは、運動不足の解消や血行促進・栄養

バランスの良い食事・十分な水分、ミネラル分の

補給などによりある程度予防することができます

 

[日頃から心掛けたいこむら返り対策]

① 体の疲れを溜め込まないように十分な睡眠時

間を確保しましょう。

➁ 入浴は出来るだけ湯船に浸かり、体を温めて

血行を促進しましょう。

③ 入浴後や就寝前などに、ふくらはぎをはじめ

体の筋肉を無理なく伸ばすストレッチを習慣づけ

ましょう。

④ スポーツなど運動の前には必ず準備体操を

し、体の筋肉をほぐしてからはじめるようにしま

しょう。

⑤ 日頃からこまめな水分補給を心掛け、汗をか

いた後はスポーツドリンクなどでミネラル分の補

給も併せて行いましょう。

⑥ ビタミンやミネラルを中心に栄養バランスの

とれた食生活を心掛けましょう。

 

こむら返りを防ぐためには、運動中の水分不足や

ミネラル分をしっかり補強するなどが大切になっ

てきますが、身体のバランスが崩れていることで

一部の筋肉だけに負担が掛かってしまっていた

り、体重の掛かり方が左側と右側で大きく差が出

てきたりすることがあります。そういうバランス

の崩れによっても、頻繁にこむら返りを起こし

てしまいます。にしはら鍼灸院・整骨院では、

【全身バランス調整】によって、そのバランスの

崩れを整えていきます。頻繁に起こるこむら返

りは、そういったバランスの崩れが原因かもしれ

ません。こむら返りでお困りの時は、お気軽に

ご連絡・ご来院下さい。

 

にしはら鍼灸院・整骨院 八戸ノ里駅前院

TEL 06-62247-7856

メールでのお問い合わせはこちらから

 


お気軽にご相談ください! にしはら鍼灸院 整骨院 八戸ノ里駅前院
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら