- 病院・整形外科への上手な通い方

病院・整形外科への上手な通い方

交通事故でのケガや負傷の施術を満足に受ける為の大事なポイント

  1. 保険会社から指示があったとしても、とりあえず一度、にしはら鍼灸院・整骨院にご相談下さい。(保険会社は加害者側に有利な提案をしてくることがあります。)
  2. 交通事故に遭ってしまった後は遅くとも2週間以内にご来院下さい。(早期施術開始の大切さ と 患者様が不利益にならないため)

交通事故でのケガや負傷に対する施術の違い( 病院と整骨院 )

病院・整形外科などの医療機関が行うこと

  1. 手術が必要となる大きなケガの処置
  2. レントゲン・CT・MRIなどの精密機器での検査
  3. 内服薬や鎮痛剤などの薬剤の処方
  4. 医師による診断書の作成

にしはら鍼灸院・整骨院が行える施術・対応

  1. レントゲン・MRIなどの画像診断では異常が判別しにくい症状に対応
  2. 患者様の体を手技による施術で体を良くさせる
  3. 今までの交通事故施術の経験により、患者様の身体・心理的な苦痛を把握している
  4. 予約優先制で待ち時間はほとんどなく、土曜・祝日も施術を行なっている
  5. 交通事故の専門の弁護士と提携しているので何でも相談しやすい

交通事故に遭ってしまったら…

交通事故に遭いたいと思う人はいないですが、不幸にも交通事故に遭ってしまった場合のまず、やらなければならないこと。

それは、病院や整形外科などの医療機関に受診して、医師の診察を受けて、交通事故でケガ・負傷した部位の診断書を必ず書いてもらいましょう。

交通事故直後は痛みがあまり出ていないからと安心して医療機関に受診されない患者様もいらっしゃるようです。
しかし、大きな痛みが出ていなくても、交通事故直後は気持ちが高ぶって興奮した状態だと本来の痛みが出にくくなっている場合もあります。それに、交通事故での衝撃は、自分が思っている以上に体にダメージを与えている場合があり、時間経過と共に痛みが出てきたり、強くなってきたりすることがよくあります。

受診して、診察時に痛み・違和感がある部分、気になる部分などを医師にしっかり伝えないとレントゲンやMRIなどの撮影に関しては受けることができないこともありますので、ご注意下さい。

交通事故直後の状態を医師に診察してもらい、診断してもらうことが大事ですので、なるべく早く病院や整形外科などの医療機関に受診するようにして下さい。

症状別の通院方法

骨折や骨折後のリハビリ

交通事故によって負傷した部分がレントゲンやMRIなどの撮影で骨折してしまっていると診断された場合、病院や整形外科などの医療機関で骨折した部分をギプスなどで固定されます。ギプスが外れるまではしっかりと医療機関で経過観察する必要があります。

ギプスが外れた後は、関節が動きが悪くなっていたり、血行が悪くなっているので、リハビリが必要になってきます。

にしはら鍼灸院・整骨院では、手技による施術、患部の関節可動域訓練、患部のストレッチなどを行っていきます。

当院でリハビリを受ける場合であっても、骨折した部分の経過観察はギプス固定してもらった医療機関への定期的な診察も受けながら、当院と医療機関を併用して通院しましょう。

そうすることで後遺症を残さないための、より精度の高い処置、リハビリを受けることができます。

むち打ち症(頚部捻挫)、腰痛(腰部捻挫)

交通事故よるケガのなかで多いのが、むち打ち(頸椎捻挫)や腰痛(腰部捻挫)があります。受傷直後はあまり症状がでないことがあったり、病院や整形外科でのレントゲン・MRIでは判断することが困難といわれている筋肉や関節に関連するケガや痛みを整骨院は手技による施術で体を良くしていきます。

痛み止めなどで痛みを抑えていても、根本的に体を良くしていることにはならず、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

そのためにも、むち打ちや腰痛を早く良い状態にするための近道は早期に施術を開始することが大切です。

骨折後のリハビリと同様に、医療機関への定期的な診察にも同時に通院するようにしましょう。ご自身の体の状態を把握しておくためにも、医療機関でしか受けることもできない検査(レントゲン・MRIなど)を受けておきましょう。

現在、施術受けているところからの転院の方法や手続き

交通事故に遭ってから通院している医療機関や整骨院で施術していても、痛みや症状に変化が出てこなかったり、良くなっていると感じがなかったり、施術の内容・やり方に不満があって納得して施術が受けれていない場合は、患者様の意思で転院することができます。

「 病院を変えたり、整骨院を変えたりするのって、面倒くさい書類や手続きが必要なんじゃないの? 」と思われるかもしれません。

しかし、転院の手続きは全然面倒くさいものではなく、基本的には保険会社の担当の方に転院したい医療機関や整骨院の情報を伝えるだけです。転院する時には、保険会社の担当の方に許可をもらう必要があると思い込んでいる方が多いようです。

交通事故に遭ってしまい、施術を受けて、体を元の状態に戻していかないといけないのは、患者様ご自身です。

その大切な自分の体を預ける医療機関や整骨院を決めることができるのも患者様ご本人だけです。

他の医療機関や整骨院での施術や対応に不満があり、転院・併院を希望しているのに、保険会社の担当者様が転院・併院を認めてくれないというケースを聞いたことがありますが、先程も説明したように、どこで施術を受けるかを決めることができるのは患者様ご本人です。

転院や併院を言い出すことによって、現在通っている医療機関や整骨院や、特に保険会社の担当者様との関係性が円滑に行かなくなるのではということばかりに気をとられてしまい、

「 一番肝心な自分の体を良くするための最も適切な施術を受ける 」

ということを置き去りにしてしまっている患者様も多くいられます。

にしはら鍼灸整骨院・整骨院では、交通事故に遭われて痛みや症状で苦しんでいる患者様にもしっかりと対応していきます。

交通事故後は体の痛みだけでなく、様々な不安やお悩みなどの心理面的なサポートも必要になってきます。当院は提携している弁護士の方と連携して、患者様が自分の体を良くするための施術にだけ集中できるように、保険会社との煩わしいやり取りのサポート、もちろん施術に関してのアドバイスも行っています。

交通事故での医療機関との上手な通院の仕方( まとめ )

  1. 交通事故後は、すぐに医療機関に受診して、医師の診察を受け、診断書を必ず書いてもらいましょう。
  2. 医療機関には、定期に通院して検査を受けて、自分で体の状態を把握しておきましょう。
  3. 整骨院には、医療機関に通院しながら後遺症の残らない体作りを一緒にしていきましょう。
  4. 医療機関と整骨院の両方の得意分野を活用するためにも、同時に両方通いながら早期に体を良くすることを目指しましょう。
  5. 転院・併院の手続きは、基本的に保険会社の担当の方に行きたい医療機関や整骨院の情報を伝えるだけです。

交通事故でのケガや負傷は、後遺症を残さないようにするためにも、早期に施術を開始することが体を良い状態にする近道です。交通事故後の状態をしっかりと把握してもらい、適切な施術を受けたいと望まれている方は、一度「 交通事故対応整骨院 」でもある、東大阪市 八戸ノ里の「 にしはら鍼灸院・整骨院 」にご相談下さい。


お気軽にご相談ください! にしはら鍼灸院 整骨院 八戸ノ里駅前院
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら